SSブログ
前の1件 | -

【805節:スポーツ】2021 TOKYO 総括 [スポーツ]

(パラリンピック閉会式のあと投稿)
さて、TOKYO大会2021の全日程が終了したので、現在の心の整理をしてみることとしよう。
観戦記:わたしたちは全員、「何か」を失ったこども
選手にとって
1. 番の幸運は、最高の好敵手(ライバル)が海を越えてやってくるということ。
(写真)伊藤みまさんを試合中に見つめる中国の選手(素材選定中)
…逆に云えばそれが得られた瞬間が、<果てなきひとり旅の終焉>とも思える。
2.「職業アスリート」は、ロスアンゼルスから始まった。
常々オリンピックの話題となると、私の細君が言っていることだが
(パラリンピックに関しては補助競技者を含めて)
海外選手は「本業」を他に持ち、その上で参加している。
もともとスポーツとは(気晴らし)の意であり、
気晴らしは<仕事との対極の行動>として生まれたものである。
また、歴史を紐解くと
近代以前ではその仕事とは軍事業務だった。
時は流れいつのころからか、<参加する意義>以上の意識が生まれ、
メダル戦争、いわゆる国威発揚のためのメダルの取得と色に拘る国が出てきた。
インターネットがないTV時代
その象徴として私が印象深い選手は
メアリールーレットンさん と、
カールルイスさん
である。
代理戦争という概念は選手の発揮能力を高めたが、その等量として苦しみも与えた。
(写真)ドーピングの象徴となった陸上選手
3.世界を<ほんとにすばらしきもの>とするために
4年ごとに必ずやるという戒律は、TOKYOで崩れたためもう拘る必要はない。
『何かを忘れるため』ではなく、「真の平和の祭典」として
<世界が平和を築いたご褒美>としての大会を希求したい。
(写真)聖火と
AANN20w.jpg
開催することができたら、関係者を含む参加者は全員が勝利者である。
ただし、それには幾つかの前提条件がある。
ーー 朱色会 ーー
…TOKYO大会が人類にとって最後の大会となることがないよう
ひとりひとりが考え、何かを成すことが大切だと感じた大会でした。
(言葉割れ、文化分かち、能力さえ異なる私たちだが、
 それでも世界唯一のものを共有している。)
代わりとして
わたしたちは失ったものがなんであるかを分かっているはず。
Q。それは何?
(校了


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。